Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報3000件含む帳票が所在不明 - 第一生命子会社

第一生命保険の子会社であるネオファースト生命保険において、顧客情報約3000件含む帳票が所在不明になっていることがわかった。給付金や保険金の支払いに影響はないとしている。

4月14日に、保管期限の10年間が経過した2004年度分の帳票を廃棄しようとした際、所定の保管場所に同年度および2005年度分の帳票が保管されていないことが判明したもの。同社内の捜索を行ったが発見できなかったという。

所在がわからなくなっているのは、受領した保険料を会計処理する際に使用する事務帳票。顧客約3000人分の氏名や証券番号、保険料の仮受金の残高などが記載されていた。

同社では、帳票は保管期限前に誤って廃棄した可能性が高いとしており、不正利用の報告も確認されていない。また給付金や保険金の支払いに影響はないとしている。

(Security NEXT - 2015/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

委託元の顧客情報を別の委託元へメール誤送信 - 埼玉の保険代理店
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
職員が住民の携帯番号を私的流用、LINEスタンプ送信 - 大阪市
年金未納者情報含むDVDを事務センター内で紛失 - 年金機構
従業員の給与明細など含むUSBメモリを紛失 - 高木工業
国保給付申請書1.3万件を紛失 - 神戸市
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
児童の個人情報含むCD-ROMを紛失、判明は11月 - 大阪府
本人確認用の住民票写し、別人に返却 - 住信SBIネット銀
クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研