Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報セ投資、2割の企業が前年比増 - 投資重点項目はモバイル

2014年度に情報セキュリティ対策への投資が増加している企業は約2割にのぼり、減少した企業の約2倍にのぼることがわかった。2015年度も同様の傾向が続くと見られている。

IDC Japanが、国内企業592社を対象に調査を実施し、結果を取りまとめたもの。同社によれば、2014年度に投資額が増加した企業は20.6%。一方減少した企業は10%にとどまった。

2015年度に関しても、情報セキュリティに対する投資見込みが前年度を上回ると予測している企業は21%と微増しており、「減少する(9.3%)」との回答を大きく上回った。同社によれば、モバイルセキュリティ対策を投資重点項目としている企業が多かったという。

また減少するとの回答を見ても、2014年については、「10%以上縮小する」とするとの回答が6.2%であり、「微減〜9%減」の企業が3.9%だったが、これに対して2015年度は、10%以上縮小するとする企業は4.9%で前年から1.3ポイント縮小する一方、「微減〜9%減」が4.3%で投資の減少幅についても小さくなりつつあるという。

対策の内容を見ると、「ファイアウォールやVPN」「パソコンにおけるマルウェア対策」など、外部からの脅威に対する対策を7割以上が導入。その一方で、「情報漏洩対策」「アイデンティティ、アクセス管理」「セキュリティ、脆弱性管理」といった内部脅威対策の導入は、外部脅威対策と比較すると遅れがちであると指摘している。

マルウェア対策では、サンドボックスやエミュレーション技術など、定義ファイルに依存しない脅威対策製品の導入率は6割ほどで、導入が進展する過程にあると同社では見ている。

(Security NEXT - 2015/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
2019年のシンクライアント端末市場、前年比53.6%増
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
GDPRの認知度は85.5% - 「対策済み」半数届かず
2018年の「架空請求」に関する相談は約23万件 - 封書を使う手口も