Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 10」サポート期間中は更新不要のセキュリティソフト

ソースネクストは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「ZERO」シリーズに、「Windows 10」へ対応する新製品を発売した。

同製品は、日本マイクロソフトによるOSのサポート期間中は、更新費用が発生しないセキュリティ対策ソフト。対象OSを2015年夏にリリースが予定されている「Windows 10」を含めた2製品をあらたに発売した。

「ウイルスセキュリティZERO」「スーパーセキュリティZERO」で1台用の価格はそれぞれ2138円、4309円。ダウンロード版のみの提供となる「クラウドセキュリティ(3218円)」は6月より発売する予定。

「ZERO」シリーズの既存ユーザーに関しては、「Windows 10」でも引き続き利用できる「Windows 10への有効OS拡張サービス」を有料で提供する。

(Security NEXT - 2015/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止