Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、仮想デスクトップ環境向けにUSBデバイス制御

日立システムズと日立システムズエンジニアリングサービスは、「仮想デスクトップUSBデバイス統合管理ソリューション」を提供開始した。

同製品は、仮想デスクトップ環境におけるUSBデバイスの制御を実現するソリューション。導入や構築のほか、運用についても支援する。

TCSIのシンクライアント用USBデバイス管理ソフト「VUMS」を採用し、USBメモリやスマートフォン、プリンタ、スキャナ、ICカードリーダー、デジタルカメラなどのアクセス制御を行う。未許可のデバイスの接続を防止するほか、ユーザーごとのアクセス制御やログ管理も可能。

同社では金融や公共分野を中心に、2018年度末までに10億円の売上げを目指し、サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2015/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始