Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IBM、モバイルアプリのテストセンター - テスト自動化で効率化

日本IBMは、モバイル向けアプリケーションの開発や運用におけるテストを代行する「IBMモバイル・テスト・センター」を4月2日に開設する。

同センターは、同社幕張事業所内に設置する予定で、モバイル向けアプリケーションの開発や運用に必要な各種テストを支援。同社およびイスラエルPerfecto Mobileのソフトウェアを利用して機能テストを自動化しており、テスト期間の短縮やコストを削減しているという。

また、同社のソフトウェア「IBM Security AppScan Source」を利用し、開発の初期段階から脆弱性を検証するセキュリティテストを実施。さらに、同社のMDM製品「IBM MaaS360」によるMDMソリューションの構築支援も提供する。

センターの利用料金は、テスト対象のアプリの特性やデバイス数に応じた個別見積もりとなる。初回は129万6000円からで、同じテストを複数バージョンや複数デバイスで実施する場合、2回目以降は半額になる予定。

テスト期間は通常2週間から3週間だが、条件次第では最短で1日半程度で可能な場合もあるとしている。

(Security NEXT - 2015/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性検査ツール「Metasploit Express」、2019年6月にサポートが終了
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
セキュリティ機能搭載の仮想通貨ウォレット - ペンタセキュリティ
米Norwich大の演習プラットフォーム活用した演習サービス - アライドテレシス
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス