Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キューアンドエー、遠隔操作によるスマホ診断サービス

キューアンドエーは、コンシューマー向けサービス「スマートフォン向けセキュリティ診断」を4月1日より提供開始する。

同サービスは、電話と遠隔操作により、スマートフォンのセキュリティ設定やセキュリティ対策の状態を診断するもの。マルウェアの有無、アプリやOSのアップデートの提供、提供元不明アプリの有無など診断する。

診断は5台まで受けることが可能。AndroidとiOSに対応するが、遠隔操作による診断はAndroidのみ。料金は3240円。診断後、問題がある場合については有償でサポートにも対応する。

(Security NEXT - 2015/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
常時SSL/TLS採用の国内企業サイトは約2割 - 大学と銀行で半数強
「Ruby」に2件の脆弱性、アップデートで対応 - 「Ruby 2.5.x」は再修正
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも