Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信が発生、通知メールでもミス - JASA

日本セキュリティ監査協会(JASA)でメールの誤送信が発生した。誤送信を通知するメールでもミスが発生したという。

監査人資格取得者95人へ、3月10日16時過ぎに資格更新手続きの案内メールを送信したが、作成過程に問題があるリストを使用したため、誤送信が発生したもの。

問題のリストは、2014年9月に使用したものを流用して作成。氏名と資格番号をペーストしたが、以前のメールアドレスがそのまま残っており、関係ない受信者へメールが送られたという。

また同日16時15分にミスに気付き、受信者へ誤送信を通知するメールを送信したが、同報メールを送信するツールの操作を誤り、誤った氏名が掲載された状態だった。同協会では翌11日に、関係者に対し報告と謝罪のメールを送信している。

同協会では今後、更新者リストを流用を避けるほか、チェックの強化、同報メールツールの変更、インシデント情報の共有などを通じて、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2015/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
関係者向けニュースメールで誤送信 - 国立環境研究所
イベント告知メールで誤送信 -兵庫の託児施設
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市