Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apple」便乗フィッシングが1年で3倍に - 開発者もターゲットに

「Apple」ブランドに便乗したフィッシングサイトが、2014年は前年の3倍以上に増加していることがわかった。新製品に興味を持つユーザーだけでなく、開発者もターゲットとなっている。

トレンドマイクロの調査によれば、「Apple」関連のフィッシングサイトは、2013年に2万3300件ほど検知していたが、2014年には3倍以上となる7万8300件に増加。特に大きな変化が見られたのが、「iPhone6」が発売された2014年第3四半期で、3万4900件と2013年全体を上回った。

また4月24日には、ウェアラブル端末「Apple Watch」の発売を控えているが、便乗した詐欺サイトがすでに検知されている。

同社がクラウド基盤を用いて、「Apple Watch」関連のフィッシングサイトへアクセスしたユーザーのIPアドレスを国別に分析したところ、イギリスが48%で最多だが、日本語に対応していないにもかかわらず、次に多かったのが日本で29%にのぼった。

狙われているのは新製品とは限らず、開発者が利用するウェブベースの管理ツール「iTunes Connect」を偽装したフィッシングサイトも確認しているという。「プロビジョニングプロファイル」を利用して悪意あるアプリを配信する攻撃も発生しており、開発者に関する情報が狙われている可能性があるとして、同社は注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告、URLともに3カ月連続で増加 - 偽Appleは短縮URLを愛用
2020年末に「Flash」のサポート終了 - Adobeが表明
Apple、「macOS Sierra 10.12.6」などセキュリティアップデート
Apple、アップデート「iOS 10.3.3」をリリース - 脆弱性47件を修正
「iTunesの支払キャンセル」で偽サイトへ誘導するフィッシング - HTMLファイルを添付
6月はフィッシングサイトが1.5倍に - フィッシングメールは週末狙う傾向
添付PDFファイルから偽サイトへ誘導するフィッシング - HTTPS接続も利用
「注文を配送できません」とだますスパムが多数流通 - 「Amazon」「Apple」などのなりすましも
Apple、Windows版QuickTimeのサポート終了をアナウンス
サポート終了でゼロデイ状態の「QuickTime for Windows」、インストーラにも脆弱性