Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSIとAXSEED、クラウド型フィルタリングサービスを開始

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)とAXSEEDは、クラウド型ウェブフィルタリングサービス「SPPM BizBrowser」を提供開始した。

同サービスは、「Windows」「iOS」「Android」に対応したブラウザアプリと、フィルタリングによりサイト閲覧をクラウド上のプラットフォームから一元管理できるソリューション。

システム管理者は端末利用者ごとに、アクセスログやレポートを確認することが可能。AXSEEDのMDMソリューション「SPPM2.0」から管理コンソールを呼び出すことができる。月額利用料は、250円/台。

(Security NEXT - 2015/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS