Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSIとAXSEED、クラウド型フィルタリングサービスを開始

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)とAXSEEDは、クラウド型ウェブフィルタリングサービス「SPPM BizBrowser」を提供開始した。

同サービスは、「Windows」「iOS」「Android」に対応したブラウザアプリと、フィルタリングによりサイト閲覧をクラウド上のプラットフォームから一元管理できるソリューション。

システム管理者は端末利用者ごとに、アクセスログやレポートを確認することが可能。AXSEEDのMDMソリューション「SPPM2.0」から管理コンソールを呼び出すことができる。月額利用料は、250円/台。

(Security NEXT - 2015/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SpamAssassin」にセキュリティリリース - 脆弱性2件を修正
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
「Joomla 3.9.13」がリリース - 脆弱性2件を修正
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
海賊版サイトへのアクセス抑止策に関する報告書 - 総務省
高校生のセキュリティ対処能力は上昇傾向
「OneDrive」上の共有ファイルを悪用したフィッシング - 正規URLで誘導
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減