Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向け「ウイルスバスター」がマイナンバー制度に対応

トレンドマイクロは、「ウイルスバスターコーポレートエディション」のプラグインに「社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)」向けの機能を追加した。

テンプレートを使って個人情報ファイルの流出を監視、ブロックするプラグイン「Trend Micro 情報漏えい対策オプション」にマイナンバー向けのテンプレートを追加するもので、特定個人情報を含むファイルを検知することが可能となる。

また、セキュリティ管理製品「Trend Micro Control Manager」と連携したデータ検出機能を利用することにより、クライアント端末をスキャンして、特定個人情報が含まれるファイルの保管状況を管理できる。

同社では1年間で300社の導入を目指し、同プラグインを展開していく。

(Security NEXT - 2015/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
マイナンバーを異なる法人へ誤送信、システム処理ミスで - 上越市
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
無関係の人事情報を取得した職員を懲戒処分 - 東松島市