Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人や個人顧客の情報含む伝票が所在不明 - 十八銀

十八銀行は、顧客情報1046件が含まれる伝票が所在不明になっていることを明らかにした。

諫早駅前支店において、2010年4月1日から同月14日にかけて扱った10日分の「入金、支払伝票」や「振込、公金納付依頼書」「支払済み小切手」などの伝票綴りを紛失したもの。

個人顧客560件と法人顧客486件の情報が含まれるという。氏名や住所、電話番号、口座番号、取引金額などが記載されていた。

同行では、不要書類の廃棄を行った際、誤って混入し処分した可能性が高いと説明。不正利用に関する問い合わせなども確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2015/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

元職員が顧客情報を漏洩、詐欺に悪用か - 百十四銀
財務支援サービスに不正アクセス、顧客情報が流出 - 三菱UFJ銀
顧客情報含む伝票綴りを箱ごと紛失、取り違えて廃棄か - 豊和銀
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
「Jコイン」のテスト用システムに不正アクセス、加盟店情報が流出
同意なしで信用情報取得、営業に利用 - 鹿児島信金
海外子会社に不正アクセス、顧客情報が流出 - みずほ銀
定期預金の印鑑届を紛失、誤って廃棄か - 北越銀
人材派遣会社に不正アクセス - 情報流出の有無など調査中
印影など含む振替払出書などを紛失 - ゆうちょ銀