Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人や個人顧客の情報含む伝票が所在不明 - 十八銀

十八銀行は、顧客情報1046件が含まれる伝票が所在不明になっていることを明らかにした。

諫早駅前支店において、2010年4月1日から同月14日にかけて扱った10日分の「入金、支払伝票」や「振込、公金納付依頼書」「支払済み小切手」などの伝票綴りを紛失したもの。

個人顧客560件と法人顧客486件の情報が含まれるという。氏名や住所、電話番号、口座番号、取引金額などが記載されていた。

同行では、不要書類の廃棄を行った際、誤って混入し処分した可能性が高いと説明。不正利用に関する問い合わせなども確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2015/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
委託先で取引情報含むHDD2台が所在不明 - 三井住友銀
顧客情報を漏洩した元職員が逮捕 - 百十四銀
小説投稿サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
顧客情報含む通知書が輸送会社で所在不明に - 北洋銀
従業員の顧客情報漏洩、金銭目的や強要否定 - 北洋銀
従業員が顧客へ他顧客情報を漏洩 - 北洋銀
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
顧客情報含む定期預金期日管理表を紛失 - 三重銀