Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LSIの個体差から固有IDを生成する新技術

三菱電機、立命館大学、科学技術振興機構の3者は、LSIの個体差により、認証に利用できる固有IDを生成できる新技術を開発した。

今回開発した技術は、同じLSIであっても製造段階によって生じる個体差から、固有IDを生成するもの。特殊な製造プロセスがなくてもさまざまなLSIに適用できる。

生成した固有IDは、プログラムの暗号化や認証などの用途に活用できるため、機器に搭載されるプログラムの保護や、機器のなりすまし防止などへ応用が可能だという。今後は、2015年度以降を目標に三菱電機の製品に適用する予定。

(Security NEXT - 2015/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ
ランサム被害ファイルの解析作業、復号ツール活用も視野に - 宇陀市立病院
新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD
ランサムウェア「GandCrab」に無料の復号ツール - 被害者は推計50万人
電子カルテにランサム感染、バックアップミスでデータ復元できず - 宇陀市立病院
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開