Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未成年と保護者を対象とした「春のあんしんネット・新学期一斉行動」

総務省は、未成年がスマートフォンやSNSを安全に利用するための取り組みを集中的に行う「春のあんしんネット・新学期一斉行動」を開始した。

同省では、卒業や進学、新入学を控えた時期である2月に、未成年や保護者のリテラシー向上に向けた啓発活動を集中的に行う取り組みを2014年から実施しており、2015年も同様の活動を展開する。

具体的には、関係省庁や事業者、団体と連携して、スマートフォンなどへのフィルタリング導入を推進する取り組みを実施。また、スマートフォンやSNSのリスクについて家庭で話し合い、正しく利用するためのルール作りの大切さを周知させる活動を行う。

また学校行事や地域での活動、事業者のサービス提供において、学生や保護者、教職員などを対象に、スマートフォンの安全な利用に関する啓発活動を推進。またこれら取り組みと関連した活動を、趣旨に賛同した13の関連団体と、29の関係事業者が実施する予定。

(Security NEXT - 2015/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

可視光利用した手のひら静脈認証で実証実験
2割弱が出所不明の公衆無線LAN利用 - 「セキュリティ意識していない」 約3割
スマホ向けゲームでユーザー位置情報などが外部から閲覧可能に
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響