Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住友電工情報シス、文書管理システム「楽々Document Plus」

住友電工情報システムは、文書をデジタルデータとして登録、保存、管理する「楽々Document Plus」の最新版を2月1日より提供開始する。

同システムは、複数のファイルを1つの「文書」に添付し、「フォルダ」に保存して管理することで、文書の共有を実現するソリューション。登録した文書には日付や作成者などの属性を付与することが可能。添付ファイルをPDF変換することで、専用ビューワによる表示やPDFのセキュリティ機能が利用できる。

最新版では、文書に添付したファイルのセキュリティを強化。PDFファイルに「社外秘」などの透かし文字や、ファイルをダウンロードした利用者のID、ダウンロード日時、文書番号などの挿入が可能。

PDFファイルを開く際のパスワードを設定したり、印刷やダウンロードの許可といった詳細設定が可能となった。価格は、パッケージライセンスで162万円から。

(Security NEXT - 2015/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
DOSとエルテス、操作ログ分析で不正な情報持出を検知するソリューション
エルテスとクロスワープ、企業の内部情報漏洩対策サービスを中国で提供
エンカレッジ、形式に依存しない画像ファイル化ソリューション
IIJ、CSIRTの構築や運営を支援する新サービス
スプライン、印刷ログの検索サーバをリリース
CTC、米DocuSignの電子署名サービスを提供
不要となった機密書類からあらたな紙をオフィス内で生産できる新技術