Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「個人情報が漏れているので削除します」 - 国セン偽装の詐欺電話に注意

国民生活センターは、同センターの職員を装った電話が確認されているとして、注意を呼びかけた。公共団体を名乗っていても、「個人情報が漏れているから削除してあげます」といった電話には注意が必要だ。

同センターをはじめ、公的機関を装って個人情報の削除を持ちかける電話は2013年度から急増。
個人情報が登録されているなどと説明して、不安を煽るのが特徴。

複数登録されている個人情報を削除するなどと近づき、一部を削除できなかったなどとして不安を煽り、個人情報を削除するなどとして金銭を騙し取る。複数の人物が異なる立場の人間を演じて相手を信じ込ませる「劇場型」の手口も多く使われている。

直接金銭を要求するだけでなく、削除の交換条件として金銭を立て替え払いを要求するように見せかけて金銭を騙し取るケースもある。これまでに、宅配便で1000万円を送ってしまったケースや、相手の質問に答えて個人情報を提供してしまい、電話が急増するといった被害も報告されている。

電話があった場合は相手にせず、地域の消費生活センターなどに相談するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
フィッシングサイトのドメイン登録を検知する技術を共同研究 - フィ対協と長崎県立大
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」
37%が迷惑行為などオンラインリスクを経験 - 加害者の2割が家族や知人