Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キャンペーン応募者の個人情報がネット上で閲覧可能に - 事務用品メーカー

事務用品やオフィス機器の製造、販売を展開するLIHIT LAB.は、キャンペーン応募者338人の個人情報がインターネット上で閲覧可能な状態にあったことを公表した。

閲覧可能だったのは、2014年1月15日から同月31日まで同社ウェブサイトで実施していたクイズキャンペーン応募者338人の個人情報。テキストファイルおよびエクセルファイルで管理していたが、操作ミスにより、2015年1月21日から27日までインターネット上で閲覧可能になっていた。

流出したのは氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど。情報はすでに削除済みで、不正利用に関する報告は確認していないという。

(Security NEXT - 2015/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
一部商品購入者の個人情報が閲覧可能に - テニス関連サイト
一部サービスでパスワードの正誤関係なく認証可能に - NTTPC
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
個人情報を誤ってサイトで公開、墨塗りミスなど - 三田市
タクシーポイントサービスで提供先以外から会員情報が閲覧可能に
市営駐輪場のウェブ申請に不具合、他人の身分証明書が閲覧可能に - 浦安市
Find Job!で一部求職者情報が外部よりアクセス可能な状態に
スマホ向けゲームでユーザー位置情報などが外部から閲覧可能に
入試情報サイトで個人情報が閲覧可能に - 京都精華大