Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年末年始の長期休暇に向けて事前準備を

師走も半ばを過ぎ、まもなく年末年始の長期休暇を迎える。組織のシステム管理者が不在となることが多い時期に備え、休暇中のインシデント対応や、休暇明けの対応手順など、あらためてチェックしておきたいたい。

長期休暇で懸念されるのは、担当者不在のなか、インシデントが発生してしまった場合だ。対応の遅れにより、被害を拡大させてしまうおそれもある。実際にウェブサイトの改ざんなど、休暇中の対応の鈍さを狙われたケースもある。休みといえど気を抜けない。

セキュリティ機関もこの時期になると毎年注意喚起を繰り返しており、もはや風物詩となっている。あらためて年末年始に向けてセキュリティ対策について見直し、気持ちよく2015年を迎えたい。

企業や組織の担当者として実施しておきたい対策をあらためて見ていこう。

(Security NEXT - 2014/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
年末年始の休暇は平均6.1日、事前対策徹底を - 休暇明けには月例パッチも
盆休み「6日以上」が35%、長期休暇に備えセキュリティ対策を
GW目前、セキュリティ対策や対応体制の再確認を - 脆弱性公開にも要注意
年末年始の長期休暇に備えて事前対策を - ランサムウェアにも注意を
長期休暇に備えてセキュリティ対策を - 「山の日」前日のパッチ公開にも注意
10日間以上の長期休暇の企業も - GW前にセキュリティ対策の確認を
12月修正の「Flash Player」脆弱性が攻撃対象に - 確実にアップデートを
年末年始の長期休暇に向けて事前対策を