Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、アクセス制御技術の開発情報を募集

総務省、経済産業省、警察庁の3省庁は、「不正アクセス禁止法」の規定に基づき、アクセス制御機能に関する技術の研究開発情報の募集を開始した。

不正アクセス禁止法では、不正アクセス行為の発生状況とともに、アクセス制御機能に関する研究開発状況の公表を規定しており、毎年情報を募集している。

募集対象となっているアクセス制御技術は、「侵入検知、防御技術」「脆弱性対策技術」「高度認証技術」「インシデント分析技術」「不正プログラム対策技術」「そのほかアクセス制御機能に関する技術」の6分野。

すでに実用化されているものか、実用可能なものに限定される。開発途中の技術や物理的なセキュリティ技術、3省庁の予算で開発された技術は含まれない。

郵送や電子メールで受付、応募期限は1月30日17時必着。3省庁では応募された情報について取りまとめ、2011年3月をめどに公表する予定。

(Security NEXT - 2014/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
2017年2Qの脆弱性登録は3511件 - 制御システム関連は上半期に67件
脆弱性登録は2867件、前四半期比1.8倍 - 「Linux Kernel」が210件で最多
2016年4Qの脆弱性登録は1571件 - 「Android」が129件で最多
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
セキュリティ専任者、外注や配置予定なしが半数超
2016年3Qの脆弱性登録は1738件 - 製品別では「Android」が最多