Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

請求書を偽装したスパムが急増 - 国内銀行の認証情報が狙いか

請求書を偽ってマルウェアへ感染させる攻撃が、12月8日から国内で急増している。マルウェアを添付したメールを送り付けるもので、オンラインバンキング利用者を狙った攻撃と見られている。

攻撃を確認したトレンドマイクロによれば、注文を確認する内容に見せかけており、RTF形式である添付ファイルは「請求書」を偽装。メールで送り付ける手口だった。12月8日と9日のわずか2日間に国内で800台以上から検出されたという。

添付ファイルを開いただけでは不正プログラムは実行されず、文書内のアイコンをダブルクリックすると実行されるしくみ。

同社が注目したのは、ダウンロードされるファイルに含まれていたプロキシの設定ファイルである「proxy.pac」。同ファイルには、国内銀行15行のドメイン情報が記載されていた。

不正サイトを経由させるオンラインバンキングの利用者を狙ったあらたな中間者攻撃であると分析。さらなる詳細な調査を進めているという。

(Security NEXT - 2014/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
米朝首脳会談の影響で韓国に対する攻撃が増加 - 周辺国関連組織が関与か
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア