Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

請求書を偽装したスパムが急増 - 国内銀行の認証情報が狙いか

請求書を偽ってマルウェアへ感染させる攻撃が、12月8日から国内で急増している。マルウェアを添付したメールを送り付けるもので、オンラインバンキング利用者を狙った攻撃と見られている。

攻撃を確認したトレンドマイクロによれば、注文を確認する内容に見せかけており、RTF形式である添付ファイルは「請求書」を偽装。メールで送り付ける手口だった。12月8日と9日のわずか2日間に国内で800台以上から検出されたという。

添付ファイルを開いただけでは不正プログラムは実行されず、文書内のアイコンをダブルクリックすると実行されるしくみ。

同社が注目したのは、ダウンロードされるファイルに含まれていたプロキシの設定ファイルである「proxy.pac」。同ファイルには、国内銀行15行のドメイン情報が記載されていた。

不正サイトを経由させるオンラインバンキングの利用者を狙ったあらたな中間者攻撃であると分析。さらなる詳細な調査を進めているという。

(Security NEXT - 2014/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
医療機関のインシデント対応強化を自治体に要請 - 厚労省
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス