Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、Flashのセキュリティ更新を公開 - 攻撃コードが発生中

Adobe Systemsは、6件の脆弱性に対応した「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開した。一部脆弱性は、すでにエクスプロイトが流通しているという。

20141210_as_001.jpg

今回公開したプログラムは、あわせて6件の脆弱性を解消するセキュリティ更新。メモリ破壊が発生する「CVE-2014-0587」「CVE-2014-9164」など、脆弱性が悪用されると端末の制御を奪われるおそれがある。

なかでもバッファオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2014-9163」は、エクスプロイトが流通しているとの報告を受けているという。ただし「同15.0.0.246」以降を利用している場合は、影響を受けない。

また今回の更新には、国内から報告されたものも含まれており、ディー・エヌ・エーの杉山俊春氏が報告した同一生成元ポリシーを破る脆弱性「CVE-2014-0580」に対応している。

(Security NEXT - 2014/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
【速報】「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでにゼロデイ攻撃が発生
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
IEに未修正の脆弱性、APT攻撃に悪用との指摘
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を
「Drupal」に深刻な脆弱性、アップデートが準備中 - 攻撃コードに警戒を