Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認

Palo Alto Networks製ファイアウォールに搭載されている「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性「CVE-2024-3400」が明らかとなった問題で、JPCERTコーディネーションセンターは国内の状況について明らかにした。

「CVE-2024-3400」は、リモートアクセス機能である「GlobalProtect Gateway」に明らかとなったコマンドインジェクションの脆弱性。悪用されると、root権限により任意のコードを実行されるおそれがある。

すでに悪用が確認されている。アップデートは今後公開される見込みで、アップデートするまで緩和策を講じるよう呼びかけられている。

同脆弱性についてJPCERT/CCは、4月13日の時点で日本国内において、同脆弱性を悪用した攻撃に起因する被害の情報や、実証コードなどは確認されていないことを明らかにした。

しかしながら、今後脆弱性を悪用する攻撃が広く行われる可能性もあるとし、ベンダーからの情報をもとに対策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
公文書閲覧システムに個人情報など不開示情報を誤掲載 - 埼玉県
ランサムウェア被害でシステム障害が発生 - 岡山県精神科医療センター
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
Cisco、アドバイザリ6件を公開 - 「Firepower 」などの脆弱性を修正
PBXサーバ「Asterisk」に脆弱性 - 不正通話のおそれ