Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性攻撃サイトへのアクセス誘導が4万件弱 - 更新未適用者が標的に

日本国内からアクセスされた脆弱性攻撃サイトでは、約80%で複数の脆弱性を攻撃する「Rig Exploit Kit」が使われていたことがわかった。

トレンドマイクロが、同社クラウド基盤を用いて、2014年10月の1カ月間に日本国内のIPアドレスからアクセスがあった脆弱性攻撃サイトのURLを抽出し、調査を行ったもの。

同社によれば、1200以上の攻撃サイトで利用されたドメインへ、国内から約3万8000件のアクセスが行われていたという。これらの攻撃サイトで使用されている攻撃キットを分析したところ、79.4%が「Rig Exploit Kit」だった。

同ツールは、アクセスした端末の環境をJavaScriptで確認し、環境に応じて脆弱性を攻撃するのが特徴。

具体的には、セキュリティ対策製品の有無を確認し、存在する場合は攻撃をせずに終了するが、セキュリティ対策ソフトがインストールされていないことを確認すると、「Internet Explorer」や「Java」「Silverlight」「Flash Player」のバージョンを確認し、1つでもアップデートされていない場合は攻撃が行われるという。

同ツールは、ワールドワイドにおいても、2014年第3四半期に2番目に多く使用されるなど、国内外関わらず悪用が進んでいた。

一方、海外で「Rig Exploit Kit」と双璧をなす「Magnitude Exploit Kit」については、国内において1%未満の検出率で、国内外において異なる傾向が見られたという。

(Security NEXT - 2014/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
脆弱なウェブサーバ狙う「Mirai」らしきアクセス急増 - 国内でも感染拡大か
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース