Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSOKら、誹謗中傷や情報流出の監視サービス - 緊急通報にも対応

綜合警備保障(ALSOK)とディアイティは、インターネット上における企業の誹謗中傷やデマ、情報流出を監視する「ネット情報監視サービス」を、12月1日より提供開始する。

20141127_ad_001.jpg
サービスイメージ(図:ALSOK)

同サービスは、インターネット上に書き込まれたデマや風評、誹謗中傷など企業の信用低下を招く情報にくわえ、企業情報のインターネット上への流出の有無を定期的に監視するもの。

監視したいキーワードを指定。ウェブサイトやSNSから自動ツールで情報収集したうえで、目視による確認を行い、本当に危険な情報のみ抽出する。

監視結果は月次レポートとして提供するほか、緊急性の高い情報を発見した場合には、そのつど緊急レポートとしてメールにより通知する。月額利用料は、10万8000円から。

(Security NEXT - 2014/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
複数製品を活用した脅威情報の監視通知サービス - NRIセキュア
流出監視機能を備えたPW管理サービス - ニフティ
マクニカ、S&Jを子会社化 - 経営層向けのサービスを強化
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン