Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アプリレビューサイト「Applis」に不正ログイン - 開発者情報2821件が取得された可能性

アプリ開発者向けレビュー申請サイト「Applis」において不正ログインが発生し、アプリ開発者の情報が不正に取得された可能性があることがわかった。

同サイトは、スマートフォンやタブレット、パソコン向けのアプリのレビューをメディアに申請できる開発者向けサイト。同サービスを運営するバリューコマースによれば、11月21日10時24分ごろ社内で異常を検知し、14時30分ごろ、不正ログインの対象となるアカウントに対する外部からのアクセスを遮断した。

今回の不正ログインにより、同サービスに登録している個人や法人のアプリ開発者2821人分の氏名や会社名、住所、電話番号、メールアドレスなどが取得された可能性があるという。

(Security NEXT - 2014/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
WAONのポイント不正移行、被害者数を上方修正 - 個人情報流出の可能性も
WAONサイトに「パスワードリスト攻撃」 - 40人でポイント被害
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
カード会員向けサイトにPWリスト攻撃、アカウント945件がログイン許す - アプラス
四国電力の会員サービスに不正ログイン - 149人でポイント交換被害
「dアカウント」への「PWリスト攻撃」、攻撃規模は明らかにせず - 個人情報流出は否定
「eoID」で6458件の不正ログイン被害 - 盆休みに約126万回の試行
アンケートサイトが不正ログインを検知 - 他所流出のリストを悪用か
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加