Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FFRI、コンシューマー製品市場に参入 - スマホ向け診断ソフトを提供

FFRIは、コンシューマー向けにAndroid用セキュリティ診断アプリ「FFRI安心アプリチェッカー」を販売開始する。

同製品は、Androidを搭載したスマートフォンやタブレット向けのコンシューマー向けセキュリティ診断アプリ。端末へアプリをインストールしたり、アップデートする際、同社独自のヒューリスティックエンジンで自動的にアプリを診断し、結果を通知する。

コンシューマー市場への展開にあたり、携帯電話の販売を手がけるティーガイアと業務を提携。ティーガイアでは総販売店として取り扱いを開始する。

(Security NEXT - 2014/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
PCカメラでの盗撮を物理的に防御、スライド式カバーが発売