Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

著作権侵害事件、上半期の摘発は14件 - ACCS

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、2014年度上半期の活動状況をまとめた。同協会の捜査協力により摘発にいたった著作権侵害事件は14件だったという。

同協会によれば、前年同期の17件から3件の減少で、海賊版の販売が6件で最多。ファイル共有ソフト「Share」を悪用した無断アップロードが4件と続く。この2種で過半数を占める傾向は、前年同期と同様だった。

そのほか、動画投稿サイト「FC2動画」でのアニメ作品の違法アップロードや、海賊版ソフトウェアの業務使用、ストレージサーバを悪用した無断アップロードなどが摘発された。

組織におけるソフトウェアの不正コピーに関する情報提供は56件。そのうち18件で和解しており、1998年度からの和解金の総額は約106億4000万円となった。

(Security NEXT - 2014/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
AIの音声分析で違法動画を監視する新機能 - イー・ガーディアン
メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
Chubb損保、サイバー保険を発売 - 行政調査の対応費用をカバー
IPA、小中高生向け啓発コンクールの作品募集を開始
政府、「サイバーセキュリティ2016案」のパブコメ募集を開始
IPA、学生向け啓発コンクールの作品募集を開始 - テーマは「ことばの力」
ファイル共有ソフトによる著作権法違反で一斉取り締まり - 44人を検挙
「Share」「PerfectDark」で違法アップロードした男性が送検 - - 摘発多く怖くなり自首