Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Sophos、Android向け製品を機能強化 - クラウドによる一元管理に対応

英Sophosは、Android端末向けのセキュリティ対策アプリ「Sophos Mobile Security」の機能を強化した。

同製品は、不正アプリの検知やウェブフィルタリング機能などを提供するAndroid向けセキュリティ対策アプリ。最新版では、あらたな対策エンジンを搭載し、電力消費などを抑えた。

またクラウドを利用した同社管理ツール「Sophos Cloud」による一元管理に対応。同ツールのインタフェースから、端末のロックや端末内のデータ削除、パスワードリセットなどが可能となったほか、Wi-FiやMicrosoft Exchangeの設定も行える。

さらに同社では「Sophos Anti-Malware SDK for Android」を用意し、通信事業者などへ提供する。同APIを利用することにより同社マルウェア対策エンジンを、アプリに組み込むことが可能となる。

(Security NEXT - 2014/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化