Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジュニパー、脅威インテリジェンスとファイアウォールの連携を実現

ジュニパーネットワークスは、脅威情報プラットフォーム「Spotlight Secure」とファイアウォール「SRXシリーズ」の連動機能を提供開始する。

「Spotlight Secure」は、攻撃者による活動情報を集約し、インテリジェンスを提供するプラットフォーム。「SRXシリーズ」のファイアウォールのポリシーに脅威情報を連動させることで、不正通信を遮断することが可能。

最新の「Spotlight Secure」では、コマンド&コントロール(C&C)サーバとの通信を検知し、遮断する機能や、特定の国に対するトラフィックを制御する機能をあらたに搭載した。

またセキュリティ管理アプリケーション「Junos Space Security Director」との統合により、クラウドベースの脅威情報をファイアウォールへ活用することが可能。またファイアウォールのポリシーをはじめ、レポートを「Security Director」より確認できるようになった。

(Security NEXT - 2014/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー