Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジュニパー、脅威インテリジェンスとファイアウォールの連携を実現

ジュニパーネットワークスは、脅威情報プラットフォーム「Spotlight Secure」とファイアウォール「SRXシリーズ」の連動機能を提供開始する。

「Spotlight Secure」は、攻撃者による活動情報を集約し、インテリジェンスを提供するプラットフォーム。「SRXシリーズ」のファイアウォールのポリシーに脅威情報を連動させることで、不正通信を遮断することが可能。

最新の「Spotlight Secure」では、コマンド&コントロール(C&C)サーバとの通信を検知し、遮断する機能や、特定の国に対するトラフィックを制御する機能をあらたに搭載した。

またセキュリティ管理アプリケーション「Junos Space Security Director」との統合により、クラウドベースの脅威情報をファイアウォールへ活用することが可能。またファイアウォールのポリシーをはじめ、レポートを「Security Director」より確認できるようになった。

(Security NEXT - 2014/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECとCSSC、制御システム向けにリスク評価サービス
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
CompTIA、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
Firefoxとセキュリティ専門家がタッグ、アカウント漏洩チェックツールを開発中