Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランティスのサイトに不正パワポファイル - 脆弱性攻撃の踏み台に

アニメやゲーム関連の音楽制作会社であるランティスのウェブサイトが改ざんされ、脆弱性を攻撃する不正ファイルがサイト上にアップロードされていたことがわかった。

同社によれば、10月29日0時前から11月2日15時過ぎにかけて、同社サイト上にマルウェアに感染したパワーポイントファイル「1028.ppsx」が、ルートディレクトリ直下にアップロードされていたもの。

同社のウェブサイトから同ファイルへリンクはされていなかったが、海外のSNSや掲示板などに同ファイルに対するリンクが投稿されていた。ファイルへのアクセスは443件にのぼるという。

問題のファイルは、Windows OLEの脆弱性「CVE-2014-4114」を悪用するよう細工されたファイルで、アクセスするとマルウェアに感染するおそれがある。

同社では、すでにファイルを削除しているが、心当たりのある利用者に、マルウェアへ感染していないかチェックするよう注意を呼びかけている。

また通信販売を行っているサイトに関しては、別のサーバで別会社が管理しているとして、今回の不正ファイルの影響や顧客情報漏洩は否定した。

(Security NEXT - 2014/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント