Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランティスのサイトに不正パワポファイル - 脆弱性攻撃の踏み台に

アニメやゲーム関連の音楽制作会社であるランティスのウェブサイトが改ざんされ、脆弱性を攻撃する不正ファイルがサイト上にアップロードされていたことがわかった。

同社によれば、10月29日0時前から11月2日15時過ぎにかけて、同社サイト上にマルウェアに感染したパワーポイントファイル「1028.ppsx」が、ルートディレクトリ直下にアップロードされていたもの。

同社のウェブサイトから同ファイルへリンクはされていなかったが、海外のSNSや掲示板などに同ファイルに対するリンクが投稿されていた。ファイルへのアクセスは443件にのぼるという。

問題のファイルは、Windows OLEの脆弱性「CVE-2014-4114」を悪用するよう細工されたファイルで、アクセスするとマルウェアに感染するおそれがある。

同社では、すでにファイルを削除しているが、心当たりのある利用者に、マルウェアへ感染していないかチェックするよう注意を呼びかけている。

また通信販売を行っているサイトに関しては、別のサーバで別会社が管理しているとして、今回の不正ファイルの影響や顧客情報漏洩は否定した。

(Security NEXT - 2014/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

革製品販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも
幻冬舎に不正アクセス、会員情報流出の可能性 - バージョンアップで脆弱性が発生
インテリア通販サイトに不正アクセス - クレカなど個人情報が流出
EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始
「ヤマケイオンライン」への不正アクセス、一部個人情報の流出を確認
調理酢の販売サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出か
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
脆弱性情報を通知する「早期警戒情報サービス」 - DTRS
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明