Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランティスのサイトに不正パワポファイル - 脆弱性攻撃の踏み台に

アニメやゲーム関連の音楽制作会社であるランティスのウェブサイトが改ざんされ、脆弱性を攻撃する不正ファイルがサイト上にアップロードされていたことがわかった。

同社によれば、10月29日0時前から11月2日15時過ぎにかけて、同社サイト上にマルウェアに感染したパワーポイントファイル「1028.ppsx」が、ルートディレクトリ直下にアップロードされていたもの。

同社のウェブサイトから同ファイルへリンクはされていなかったが、海外のSNSや掲示板などに同ファイルに対するリンクが投稿されていた。ファイルへのアクセスは443件にのぼるという。

問題のファイルは、Windows OLEの脆弱性「CVE-2014-4114」を悪用するよう細工されたファイルで、アクセスするとマルウェアに感染するおそれがある。

同社では、すでにファイルを削除しているが、心当たりのある利用者に、マルウェアへ感染していないかチェックするよう注意を呼びかけている。

また通信販売を行っているサイトに関しては、別のサーバで別会社が管理しているとして、今回の不正ファイルの影響や顧客情報漏洩は否定した。

(Security NEXT - 2014/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

肉加工食品通販サイトに不正アクセス - 情報流出でカード不正利用の可能性
JICA関連サイトに不正アクセス - メアドやPWなど流出
ネットワークや製品向けにペネトレーションテストサービス - Flatt Security
EOLのマルウェア侵入対策製品がボットネットの標的に
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店