Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が競走馬オーナーなどの個人情報を紛失 - JAIRS

競馬に関する情報提供や競走馬の登録などを行うジャパン・スタッドブック・インターナショナルは、委託先が競走馬オーナーなど2559人分の個人情報を保存したCD-Rを紛失したと発表した。

10月24日にシステム開発の委託先従業員が、移動中に鞄を紛失したもの。鞄には、開発に利用する目的で同財団が提供した個人情報を保存したCD-Rが入っていた。届け出や関係先への問い合わせなどを行ったが見つかっていない。

紛失したCD-Rには、競走馬の血統登録申込者や繁殖登録申込者、繁殖登録馬オーナー、生産牧場など2559人分の氏名と住所が保存されている。また電話番号2372件やファックス番号315件、携帯電話番号218件なども含む。パスワード設定や暗号化といったセキュリティ対策は講じていなかった。

紛失した情報の外部流出など二次被害は確認されていない。同財団では、対象となる関係者に書面で事情を説明したという。

(Security NEXT - 2014/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報入りCD-ROMの誤送付を公表 - イオン銀
非公開処理のミスでパブコメ提出者の個人情報が漏洩 - 文科省
中学校教諭が生徒の個人情報など山林に不法投棄 - 千葉市
契約者情報75万件を紛失 - 三井住友海上あいおい生命
約6000件の「児童医療費台帳データ」が所在不明に - 上三川町
顧客情報6316件が記録されたCD-Rが所在不明 - 西京信金
精神科受診者の個人情報含む書類やCD-ROMを紛失 - 長野県
共栄火災の契約者情報3万8000件含むCD-ROMを紛失 - 富国生命
顧客情報9万6000件含むCD-ROMを紛失 - イオン銀行
顧客情報2万2000件含むATMジャーナルが所在不明に - 横浜銀