Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ATM取引情報の記録メディアを紛失 - 敦賀信金

敦賀信用金庫は、一部支店が扱ったATMの取り引き情報などを含むメディアが所在不明となっていることを明らかにした。

同金庫によれば、2021年8月25日から同年10月26日にかけて、MEGAドン・キホーテUNY敦賀店に設置された現金自動預払機で取り引きされた情報を記録したCD-ROMの所在がわからなくなっているもの。

2万5000件の取引情報が保存されており、顧客の氏名や口座番号、取引金額、残高、防犯カメラの画像などが含まれる。メディアに記録されたデータは暗号化されているという。

記録されていた情報に関する問い合わせや、不正利用などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2022/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

文書センターで約55万件の顧客情報を紛失 - 金沢信金
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
取引情報8.4万件含むATM記録紙を紛失 - 北おおさか信金
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀