Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃対策製品が前年比155.8%増 - 2018年までのCAGRは31.6%

IDC Japanは、2013年の標的型攻撃向け対策ソリューションの国内における市場規模実績と、2018年までの予測を取りまとめた。

同社では、標的型攻撃向け対策ソリューション市場として、エミュレーションやデータ分析など非シグネチャベースの技術による脅威対策製品を「特化型脅威対策製品市場」と定義。またマネージドサービス、インシデント対策、トレーニングサービスなどを「セキュリティサービス市場」に分類し、市場動向を取りまとめた。

20141027_ij_001.jpg
標的型攻撃製品市場の売上予測(グラフ:IDC Japan)

ソフトウェア製品とアプライアンス製品をあわせた「特化型脅威対策製品市場」を見ると、2013年の市場規模は27億円。市場規模は小さいが前年比155.8%増と急成長している。アプライアンス製品が21億円で市場の7割超を占めており、成長率も148.8%で市場全体を牽引した。

今後は、従来のシグネチャベースである外部脅威対策製品と連携するソリューションの需要が拡大すると分析。2013年から2018年までの年間平均成長率(CAGR)を31.6%、2018年の市場規模は108億円と大台を突破すると同社では予測している。

(Security NEXT - 2014/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
2017年度の国内DDoS攻撃対策サービス市場、前年度比28.9%増
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増