Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドセキュリティのシンポジウム「CSA Japan Congress 2014」が11月に開催

日本クラウドセキュリティアライアンス(CSAジャパン)は、11月21日に都内でクラウドのセキュリティにフォーカスしたシンポジウム「CSA Japan Congress 2014」を開催する。

同イベントは、クラウドセキュリティについて多面的に取り上げ、最新の情報を提供するシンポジウム。

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)の参事官である三角育生氏をはじめ、有識者やベンダー関係者などが登壇。セキュリティの課題について講演を行う。また最近の情報漏洩事件をテーマとしたパネルディスカッションも予定している。

会場は一橋講堂で、申し込みは先着順で受け付ける。参加費は無料。イベントのプログラムや申し込み方法など、詳細は同団体のページから。

(Security NEXT - 2014/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
クラウド事業者向けセキュリティ対策GLで改訂案 - IoTサービスのリスク対応方針を追加
ウェブサイト開設時に注意したいセキュリティのポイントを解説 - IPA
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
クラウド事業者が医療情報を扱う際の安全管理ガイドライン - パブコメを実施
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
米SymantecとNTTセキュリティ、CASBの活用で協業
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査