Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月のMS月例セキュリティパッチは9件 - 深刻度「緊急」3件含む

日本マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラム9件を、10月15日に公開する予定だ。深刻度「緊急」は3件。

今回の月例パッチで、最大深刻度が4段階中でもっとも高い「緊急」にレーティングされているのは3件。「Windows」や「Internet Explorer」「.NET Framework」の脆弱性に対処する見込み。いずれも脆弱性を悪用されるとリモートでコードを実行されるおそれがある。

また、5件は「緊急」の次に深刻とされる「重要」、のこる1件はさらに1段階低い「警告」とした。「Windows」や「Office」のほか、開発車向けツールなどの脆弱性を修正したいとしている。

20141010_ms_001.jpg
公開予定のプログラム(表:日本マイクロソフト)

(Security NEXT - 2014/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
OpenSSLに複数脆弱性、アップデートで解消 - 「PORTSMASH」にも対応
バックアップ製品「vSphere Data Protection」に深刻な脆弱性
パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み