Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神奈川県警ら、SNSなどのサイバー犯罪防止をテーマにシンポジウム

神奈川県警と横浜市は、10月14日にサイバー犯罪の防止を目的としたシンポジウムを横浜市開港記念会館にて開催する。

同イベントでは、「SNSのリスクと未来を考える」をテーマとした講演やパネルディスカッションを予定。SNSに関するモラルやトラブル、子供向けのネットの護身術などを解説する。

社会人や学生、保護者のほか、インターネットの利用者などが対象。定員は480名で受講料は無料。先着順で受け付ける。参加申し込み方法などは、同イベントのページから。

(Security NEXT - 2014/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
「シンガポール支店」開設で海外事業を拡大 - ラック
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
「発注書」「請求書」など偽装するマルウェアメール - 年度替わりの時期、特に注意を
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
ラック、インターポールとサイバー犯罪情報の共有契約を締結
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も