Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神奈川県警ら、SNSなどのサイバー犯罪防止をテーマにシンポジウム

神奈川県警と横浜市は、10月14日にサイバー犯罪の防止を目的としたシンポジウムを横浜市開港記念会館にて開催する。

同イベントでは、「SNSのリスクと未来を考える」をテーマとした講演やパネルディスカッションを予定。SNSに関するモラルやトラブル、子供向けのネットの護身術などを解説する。

社会人や学生、保護者のほか、インターネットの利用者などが対象。定員は480名で受講料は無料。先着順で受け付ける。参加申し込み方法などは、同イベントのページから。

(Security NEXT - 2014/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
「CODE BLUE」、基調講演にMikko Hyppönen氏ら招聘
深刻化するセキュリティ人材不足、金脈はゲーマーにあり?
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
セキュリティ啓発ポスターのコンテストを開催