Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「bash」の脆弱性「ShellShock」に対応する修正パッチを公開

デフォルトシェルとして広く採用されている「bash」に、深刻な脆弱性「ShellShock」が見つかった問題で、Appleは、同脆弱性を解消するアップデートを公開した。現状、自動更新には対応していない模様だ。

20140930_ap_001.jpg
Mac OS X向けに用意されたbashのアップデート

脆弱性を解消するため、「OS X Mavericks 10.9.5」および「同Mountain Lion 10.8.5」「同Lion 10.7.5」向けにアップデートを用意したもの。現段階では、同社ウェブサイトからのダウンロードによる提供のみで、「ソフトウェア・アップデート」経由の配布は行われていない模様だ。また詳細について同社のセキュリティアップデートページを参照するよう記載があるが、同ページの内容も更新されていない。

問題とされる「ShellShock」は、「bash」の環境変数経由でコマンド実行が可能となる脆弱性。シェルをCGIやプログラム経由で利用するウェブサーバのほか、クライアントOSがルータからIPアドレスを取得する際に利用するDHCP経由の攻撃も可能で、実証コードも公開されている。こうした状況を受けて、一部セキュリティ専門家が「Mac OS X」にも大きな影響を及ぼすことを示唆していた。

一方指摘を受けたAppleでは、複数メディアの取材に対してコメントを発表。Mac OS Xに脆弱性が含まれていることを認めつつも、高度なUNIXサービスを構成せず、デフォルトで利用していれば攻撃を受けないと説明。大多数のユーザーは脆弱性の影響を受けないと反論していた。

(Security NEXT - 2014/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

家庭向けIoT機器狙う攻撃、国内発信元は3.5万件超で増加傾向
8月は家庭向けIoT機器への攻撃が増加 - メキシコ発の攻撃増に起因
2015年上半期はプロキシへの探索行為が増加 - ウェブアプリや制御システムも標的
Apple、「OS X El Capitan」で脆弱性99件を解消 - 「Thunderstrike」も修正
Apple、OS X向けにアップデート - 54件の脆弱性を修正
「ShellShock」攻撃でDDoS攻撃の基盤を構築か - 引き続き注意必要
「ShellShock」攻撃が再び - 脆弱なウェブサーバをボット化
サイト改ざんは収束傾向 - 「ShellShock」や「Heartbleed」が影響
8080番ポートへのアクセスが増加 - ShellShock攻撃の対象NASを探索
「Shellshock」攻撃でサーバがマルウェア感染 - 大阪府立産業技研