Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「我々のシステムは既にセキュリティアップデートを行っている」 - 「偽ヨドバシカメラ」からのメールに注意

大手家電量販店のヨドバシカメラが運営するオンラインショップ「ヨドバシ・ドット・コム」を装うフィッシング攻撃が確認された。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

同サイトにおけるログイン通知やセキュリティシステムのアップデートなどに見せかけた「なりすましメール」を送りつけ、偽サイトへ誘導して個人情報をだまし取るフィッシング攻撃が確認されたもの。

問題のフィッシングメールは、正規サイトのロゴなどをあしらったHTMLメールで、本文ではでたらめのログイン日時やIPアドレスなどを記載。第三者によってログインが行われたように見せかけて利用者の不安を煽り、セキュリティ対策などと称して偽サイトへ誘導していた。

「我々のシステムは既にセキュリティアップデートを行っている」と、国内企業のオンラインショップが案内するビジネスメールには不釣り合いな言い回しも見られた。

メール内のリンクより転送などを経てたどり着く誘導先は、サブドメインに「yodobashi」「yodobash」といった文字列が含まれるドメインを用いたフィッシングサイトで、IDやパスワードをはじめ、氏名、住所、クレジットカード番号などを入力させようとしていた。

4月21日15時の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、フィッシング対策協議会は類似したフィッシング攻撃へ注意するよう呼びかけている。

20200421_ap_001.jpg
フィッシングメールの文面(画像:フィ対協)

(Security NEXT - 2020/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
「セゾンカード」装うフィッシング - 複数文面を悪用
地銀利用者を狙うフィッシング - 今度は「ちばぎん」偽装
クラウドサービスの請求額通知などを偽装するフィッシングに注意
「PayPayカード」の利用通知に見せかけた詐欺メールに警戒を
「OCN」装うフィッシング - 正規キャッシュレスサイトで金銭詐取も
「ビューカード」のフィッシング - 2種類の偽ログインページを用意
「オリコ」装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 15種類以上の件名
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加