Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グローバルワイズ、G DATA製セキュリティ対策ソフトの最新版を発売

グローバルワイズは、独G DATA Software製コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト3製品を、10月2日より発売する。

今回発売するのは、マルウェア対策に特化した「G DATAアンチウイルス」、マルウェア対策にくわえ、迷惑メール対策や不正アクセス対策、URLフィルタリングなどを利用できる「G DATAインターネットセキュリティ」、セキュリティ機能にバックアップ機能やパソコンの最適化機能などをくわえた「G DATAトータルプロテクション」の最新版。

最新版では、パターンファイルに依存せずクラウド情報を活用することで未知のウイルスを防御する新エンジン「CloseGap」を改良。またゼロデイ攻撃対策として、ファイルのダウンロードや実行をリアルタイムで監視する機能を追加した。さらにキーロガー対策として、ブラウザへの入力データを監視して盗聴を防ぐ機能も搭載した。

価格は、「同アンチウイルス」が1年版3ユーザーで3758円から。「同インターネットセキュリティ」が1年版1ユーザーで3218円から。「同トータルプロテクション」が1年版1ユーザーで4298円からとなっている。

(Security NEXT - 2014/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充