Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グローバルワイズ、G DATA製セキュリティ対策ソフトの最新版を発売

グローバルワイズは、独G DATA Software製コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト3製品を、10月2日より発売する。

今回発売するのは、マルウェア対策に特化した「G DATAアンチウイルス」、マルウェア対策にくわえ、迷惑メール対策や不正アクセス対策、URLフィルタリングなどを利用できる「G DATAインターネットセキュリティ」、セキュリティ機能にバックアップ機能やパソコンの最適化機能などをくわえた「G DATAトータルプロテクション」の最新版。

最新版では、パターンファイルに依存せずクラウド情報を活用することで未知のウイルスを防御する新エンジン「CloseGap」を改良。またゼロデイ攻撃対策として、ファイルのダウンロードや実行をリアルタイムで監視する機能を追加した。さらにキーロガー対策として、ブラウザへの入力データを監視して盗聴を防ぐ機能も搭載した。

価格は、「同アンチウイルス」が1年版3ユーザーで3758円から。「同インターネットセキュリティ」が1年版1ユーザーで3218円から。「同トータルプロテクション」が1年版1ユーザーで4298円からとなっている。

(Security NEXT - 2014/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人向けESET製品でモニターキャンペーン
BlackBerry、14億米ドルでCylanceを買収 - エンドポイントや車載向け製品などを強化
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
IoTボット、感染対象を「Apache Struts 2」やセキュリティ製品にも拡大