Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

勝手に他人のメルアドでサービス登録する不正行為に注意を

ホテル予約サイト「じゃらんnet」を運営するリクルートライフスタイルは、第三者が勝手に他人のメールアドレスを用いて、同サイトなどが利用する「リクルートID」へ新規会員登録を行おうとする不正行為を確認したとして、注意を呼びかけている。

同社によれば、9月14日以降、まったく関係ない第三者が、他人の所有するメールアドレスを用いて、同社グループの共通IDである「リクルートID」に新規登録しようと試みる行為を確認したという。「リクルートID」は、同社の各種サービスで利用することでポイントが貯まるサービス。

新規会員登録の手続きを行うと、「じゃらんnet」から対象メールアドレスに会員登録を完了するためのURLが記載されたメールが届くが、URLをクリックすると登録が完了してしまい、第三者が同IDを不正に利用するおそれがある。

同社では、会員登録メールが届いた場合も、URLへアクセスし、手続きを行わなければ会員登録されることはないとして、心当たりのないメールは削除するよう注意を促している。

(Security NEXT - 2014/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
Q&AサイトのQuoraに不正アクセス - 利用者情報1億件が流出か
米Dellに不正アクセス、フォレンジック調査の結果を公表
クラフト素材の通販サイト「ZOWHOW」に不正アクセス - クレカ情報流出か
不正アクセスで会員情報約1万件が流出 - リガク
職員アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 森林研究・整備機構