Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

勝手に他人のメルアドでサービス登録する不正行為に注意を

ホテル予約サイト「じゃらんnet」を運営するリクルートライフスタイルは、第三者が勝手に他人のメールアドレスを用いて、同サイトなどが利用する「リクルートID」へ新規会員登録を行おうとする不正行為を確認したとして、注意を呼びかけている。

同社によれば、9月14日以降、まったく関係ない第三者が、他人の所有するメールアドレスを用いて、同社グループの共通IDである「リクルートID」に新規登録しようと試みる行為を確認したという。「リクルートID」は、同社の各種サービスで利用することでポイントが貯まるサービス。

新規会員登録の手続きを行うと、「じゃらんnet」から対象メールアドレスに会員登録を完了するためのURLが記載されたメールが届くが、URLをクリックすると登録が完了してしまい、第三者が同IDを不正に利用するおそれがある。

同社では、会員登録メールが届いた場合も、URLへアクセスし、手続きを行わなければ会員登録されることはないとして、心当たりのないメールは削除するよう注意を促している。

(Security NEXT - 2014/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数IPよりニコニコにPWリスト攻撃 - 5月に続き注意喚起
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ