Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「My JR-EAST」に不正ログイン - 現在も停止中

JR東日本が会員向けに提供しているIDやパスワードの共有サービス「My JR-EAST」において、利用者以外の第三者による不正ログインが発生した。不正アクセスの影響で、サービスを利用できない状態が続いている。

同社によれば、9月10日3時ごろから翌11日11時ごろにかけて、1152万件に及ぶ大量のアクセスを検知したため、サービスを一時的に停止。調査を行ったところ、2万1000件のアカウントで「なりすまし」による不正ログインが発生したことが判明した。

同社によれば、不正ログインされた一部利用者は、氏名が閲覧された可能性があるものの、それ以外の情報に対するアクセスは確認されていないという。

同社では、サービスの再開を一時アナウンスしたものの、16日正午の時点でサービスを利用できない状態が続いている。また対象となる会員には個別に連絡して、パスワードの変更を案内するとともに、適切なパスワード管理を行うよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
なりすまし仮会員登録、約7時間に約29万件 - サンドラッグ
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
WAONのポイント不正移行、被害者数を上方修正 - 個人情報流出の可能性も
WAONサイトに「パスワードリスト攻撃」 - 40人でポイント被害
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
カード会員向けサイトにPWリスト攻撃、アカウント945件がログイン許す - アプラス
四国電力の会員サービスに不正ログイン - 149人でポイント交換被害
「dアカウント」への「PWリスト攻撃」、攻撃規模は明らかにせず - 個人情報流出は否定