Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機密情報漏洩経験するも3割超は対策実施せず - ノウハウや資金不足で

過去5年間で約1割の企業に、業務上の機密情報が外部へ漏洩した疑いがあることがわかった。被害を経験しながらも、ノウハウや資金が不足し、対策が進んでいない企業もあるという。

帝国データバンクが実施した「営業秘密に関する企業の意識調査」で明らかになったもの。同調査は8月18日から31日にかけて行われ、1万1023社が回答した。

同調査によれば、75.8%の企業が自社において過去5年間に機密情報の漏洩はなかったと回答。一方で「漏洩事例があった(1.7%)」「漏洩と疑われる事例があった(7.8%)」など、約1割の企業が、漏洩が疑われるケースを経験していた。

漏洩事例が発生した企業を業界別に見ると、「金融」がもっとも高く、平均を5.1ポイントと大きく上回り、6.8%が経験したと回答した。また「小売(3%)」「不動産(2.9%)」が続く。

機密情報漏洩対策に関して、「取り組んでいる」と回答したのは51.6%。一方で「取り組んでいない」とする企業も35.2%と3割を超える。大企業の67.3%が取り組みを実施すると回答する一方、中小企業は47.1%にとどまるなど、企業規模で差が見られた。

また、過去5年間に漏洩が疑われる問題を経験した企業に絞ると、59.7%が取り組みを実施していると回答。しかしながら、31.5%では、漏洩対策を講じていなかった。具体的にどうしたらいいのかわからない、人材や金銭的余裕がないなど、現実的な問題に直面している企業も少なくないという。

具体的な取り組みを見てみると、従業員や取引先との「秘密保持契約」が53.1%で最多。「情報の管理方針などの整備(50.2%)」「データなどの持ち出し制限(46.7%)」が続く。一方、「データの暗号化・アクセス制限」は34.5%にとどまった。

(Security NEXT - 2014/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱