Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8割のビジネスユーザー、7通のフィッシングメールをすべて見抜けず

マカフィーが、ビジネスユーザーを対象に行った調査では、7通のフィッシングメールで、8割が1回以上騙されるとの結果が出たという。

同社がビジネスユーザー1万6000人を対象に調査を実施したもの。普段利用するメール受信ボックスではなく、ウェブサイトに用意した「フィッシング詐欺クイズ」で調べたもの。フィッシングメールには、「PayPal」や「Amazon」「Bank of America」をはじめとする著名ブランドを含んだ10通のメールを用意。そのうち7通がフィッシングメールで、それらを正しく判別できるかクイズ形式で尋ねた。

調査結果によれば、回答者の80%が1通以上のフィッシングメールに騙されたという。最も確率が高かったのは、「UPS」を装った偽メールで、すでに広く利用されている手口だが、依然として騙されるユーザーが多かったという。また同調査で、正解率が最も低かったのは人事部で、財務会計部門が続く。いずれも6割前後だった。

なお、今回の調査に利用した「フィッシング詐欺クイズ」は、英文のみだが、同社サイトより挑戦することができる。

(Security NEXT - 2014/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
2016年3Qのフィッシング、3四半期連続で20万件超