Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクル、匿名化情報扱う医療分野向けクラウドを国内展開

日本オラクルは、匿名化した医療情報を関係者で共有するためのクラウドサービスについて、国内展開を開始する。

医療分野向けクラウドサービス「Oracle Health Sciences Network」を展開するもの。製薬会社をはじめ、医療機関による臨床研究、企業治験などの情報共有基盤を提供する。

同サービスでは、治験などにおける被験者の属性、病歴や投薬履歴など、匿名化された医療情報を蓄積。利用登録を行った製薬会社、研究機関などが、臨床研究や治験に必要な情報を検索、閲覧できるという。

同社では、「Aurora Health Care Foundation」や「UPMC(University of Pittsburgh Medical Center)」など、業界からのアドバイスをもとに、プライバシーを保護しながら科学的な調査を推進できる環境を構築したとしており、「HIPAA」にも準拠。グローバルで2012年6月より提供を開始している。

(Security NEXT - 2014/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
「Drupal」脆弱性、国内で1日あたり数万件規模のアクセス - 70カ国以上から
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も