Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Remotiumの仮想基盤活用するBYOD環境構築ソリューション - 日立ソリューションズ

日立ソリューションズは、BYOD環境を実現する「モバイルプラットフォーム構築ソリューション」を提供開始した。

同ソリューションでは、米Remotiumが開発したスマートデバイス仮想化基盤を活用。スマートデバイスの業務利用を企画から設計、構築まで対応する。リモートアクセスにより仮想環境上でデータを扱うため、プライベートの端末上にデータが残らず業務を行うことができる。

仮想化された環境上に、メールや文書作成、スケジューラーなどの業務アプリケーションや企業独自のアプリケーションを搭載。認証ソリューションやネットワーク、サーバインフラを含め、スマートデバイスを業務利用できる環境をトータルで提供する。既存環境との連携にも対応する。

(Security NEXT - 2014/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
シスコ、iOS向けにアクセスを可視化するセキュリティアプリ
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設