Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

露Kaspersky、iOSやAndroid狙うスパイウェアを確認 - 脱獄強制し感染させる手口も

露Kaspersky Labは、iPhoneやiPadなどが搭載するiOSやAndroidなど、スマートデバイスを標的とするトロイの木馬が出回っていることを明らかにした。

同トロイの木馬は、伊HackingTeamが開発したスパイウェア。犯罪捜査を行う法執行機関向けに提供されており、「ポリスウェア」と呼ばれることもある。こうした「ポリスウェア」の利用は、公表されていないものの、複数の国で利用が始まっていると見られている。

犯罪者の追跡などに用いられ、感染端末から情報を収集するC&Cサーバ群が存在。別名「Galileo」と呼ばれるリモートコントロールシステムのインフラを構築しており、これらへ接続するモジュールが組み込まれたスマートフォン向けスパイウェアを同社が確認した。

これまでもスマートデバイスを対象としたスパイウェアが開発されていることは明らかとなっていたが、同社クラウド基盤で亜種を入手したもので、実際に観測されたのは、今回がはじめて。位置情報の取得やカメラによる撮影、カレンダーからのイベントのコピー、感染デバイスのSIMカード情報、通話やメッセージを傍受するなど監視機能を搭載していた。

Kspersky LabとCitizen Labが共同で実施した調査によれば、政治家をはじめ、ジャーナリスト、人権活動家などへ感染していたという。

(Security NEXT - 2014/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
C2Cの違法取引を監視する新サービス - イー・ガーディアン
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み
Zaif仮想通貨流出、トランザクション解析で発信元推定へ - 2日間のハッカソンで開発した監視システムで