Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

露Kaspersky、iOSやAndroid狙うスパイウェアを確認 - 脱獄強制し感染させる手口も

露Kaspersky Labは、iPhoneやiPadなどが搭載するiOSやAndroidなど、スマートデバイスを標的とするトロイの木馬が出回っていることを明らかにした。

同トロイの木馬は、伊HackingTeamが開発したスパイウェア。犯罪捜査を行う法執行機関向けに提供されており、「ポリスウェア」と呼ばれることもある。こうした「ポリスウェア」の利用は、公表されていないものの、複数の国で利用が始まっていると見られている。

犯罪者の追跡などに用いられ、感染端末から情報を収集するC&Cサーバ群が存在。別名「Galileo」と呼ばれるリモートコントロールシステムのインフラを構築しており、これらへ接続するモジュールが組み込まれたスマートフォン向けスパイウェアを同社が確認した。

これまでもスマートデバイスを対象としたスパイウェアが開発されていることは明らかとなっていたが、同社クラウド基盤で亜種を入手したもので、実際に観測されたのは、今回がはじめて。位置情報の取得やカメラによる撮影、カレンダーからのイベントのコピー、感染デバイスのSIMカード情報、通話やメッセージを傍受するなど監視機能を搭載していた。

Kspersky LabとCitizen Labが共同で実施した調査によれば、政治家をはじめ、ジャーナリスト、人権活動家などへ感染していたという。

(Security NEXT - 2014/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
ビルシステム向けセキュリティソリューション - NTTセキュリティら
ファーストサーバで長期障害、10日10時の時点では安定稼働 - データ消失や流出は否定
「情報セキュリティサービス基準」の適合サービスリストを公開 - IPA
「Thrip」が衛星通信や防衛産業を標的に - 中国国内の端末から操作
Cylance、パートナー経由でマネージドサービスを展開
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず
NECプラットフォームズの遠隔監視制御システムに脆弱性
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
2017年度の国内DDoS攻撃対策サービス市場、前年度比28.9%増