Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策ソフト未定義の不審ファイルを駆除、実行証跡取得できる「SFChecker」

ディアイティは、セキュリティ対策ソフトに未定義の不審ファイルに対して、駆除や証跡の取得が行える「Suspicious File Checker」を、7月1日より販売を開始する。

同製品は、組織内のエンドポイントに侵入した不審ファイルの駆除などをサポートするセキュリティソリューション。重要インフラ業者などの要望を受けて同社が開発し、これまで活用してきたが、今回あらたに商品化したという。

未定義のためにセキュリティ対策ソフトで駆除ができない不審ファイルに対し、ファイルパスや対応を設定することで、ネットワーク内の端末に対して一元的な操作が可能となるもので、ファイル実行の強制停止や削除、移動、複製のほか、実行証跡の取得が行える。

また不審ファイルの情報は、ファイルサーバに設定しておくことで、定期的にクライアントから読み込み、対策を実行できるほか、結果をレポートとして取得できる。

価格は50万円から。またオプションサービスとして、プログラムのハッシュ値の提供や、疑わしいファイルのマルウェア判定サービスを用意している。

(Security NEXT - 2014/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃