Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

りそな銀行の利用者狙うフィッシングに注意 - 複数サイトを確認

りそな銀行の偽サイト
フィッシング対策協議会が確認した偽サイト

「りそな銀行」を装ったフィッシング攻撃が発生しており、同行やフィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。すでに複数の偽サイトが設置されており、今後も同様のサイトが公開されるおそれもある。

同行によれば、問題のフィッシングメールは、「本人認証サービス」といった件名で送信されているもので、システムの更新を装い、認証を要求したり、メールアドレスの確認などと騙す内容だった。また「HTMLメール」を用いて誘導先のURLを偽装しており、偽サイトへ誘導。誘導先で、IDやパスワードを騙し取る。

フィッシングメールの事例
りそな銀行が確認したフィッシングメールの事例

偽装したURLや誘導先の偽サイトの内容から、りそな銀行の利用者をターゲットにしていることは明らかだが、メールの件名や本文では肝心の銀行名を「そな銀行」と誤って記載。本文は「こんにちは!」とオンラインバンキングらしからぬ文面ではじまり、「アカウントが凍結?休眠されないように」など、一部不自然な表現も含まれる。

フィッシングサイトの発生を受けて、同協議会では、サイトの停止に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。すでに5件のフィッシングサイトを確認しており、今後さらに類似したサイトが公開されるおそれもあるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発