Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正サイト検知数が4.1%減 - ジューンブライド便乗詐欺サイトも

BBソフトサービスは、5月に同社のセキュリティ対策ソフト「Internet SagiWall」で検知した不正サイトの状況を取りまとめた。

同社のレポートによれば、5月に検知した不正サイトの総件数は84万182件で、4月の87万6105件から4.1%減少した。不正サイトを種類別に見ると、「ワンクリック・不正請求詐欺サイト」が全体の93.3%で依然として大半を占めるものの、前月から比較すると0.5ポイントとわずかに後退している。

また2.6%となった「フィッシング詐欺サイト」も0.6ポイントの減少。一方「脆弱性悪用サイト」は1.9%、「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」が1.2%、「マルウェア感染サイト」が1%で、いずれも前月より割合が上昇した。

同社によれば、5月には、6月のジューンブライドに便乗し、ウェディングドレスやパーティードレスに対する需要を狙う詐欺サイトも確認されたという。高額なドレスを80%オフで販売するという宣伝文句で、客を呼び込む手口を使っている。今後も、時期によって需要が高まる商品を扱う詐欺サイトが発生する可能性があり、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
ネット検索が危険なセレブ - 首位は初のオーストラリア出身
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増
偽「佐川急便」の不在通知SMS、今度は認証コード詐取するスミッシング
教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート