Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正サイト検知数が4.1%減 - ジューンブライド便乗詐欺サイトも

BBソフトサービスは、5月に同社のセキュリティ対策ソフト「Internet SagiWall」で検知した不正サイトの状況を取りまとめた。

同社のレポートによれば、5月に検知した不正サイトの総件数は84万182件で、4月の87万6105件から4.1%減少した。不正サイトを種類別に見ると、「ワンクリック・不正請求詐欺サイト」が全体の93.3%で依然として大半を占めるものの、前月から比較すると0.5ポイントとわずかに後退している。

また2.6%となった「フィッシング詐欺サイト」も0.6ポイントの減少。一方「脆弱性悪用サイト」は1.9%、「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」が1.2%、「マルウェア感染サイト」が1%で、いずれも前月より割合が上昇した。

同社によれば、5月には、6月のジューンブライドに便乗し、ウェディングドレスやパーティードレスに対する需要を狙う詐欺サイトも確認されたという。高額なドレスを80%オフで販売するという宣伝文句で、客を呼び込む手口を使っている。今後も、時期によって需要が高まる商品を扱う詐欺サイトが発生する可能性があり、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
ルータ侵害による不正アプリ配布、Facebookの次は「Chrome」を偽装
【特別企画】「ウェブフィルタリング=入口対策」はあたりまえ、内部からの不審通信対策にも効果がある「あの製品」
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得
シスコ、iOS向けにアクセスを可視化するセキュリティアプリ
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に