Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マーケティング情報サイト運営会社のDBに不正アクセス - 会員情報漏洩の可能性

ターゲットメディアは、同社が運営するサイトのデータベースサーバが不正アクセスを受け、個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、6月2日に外部より不正アクセスを受けたもので、翌3日に痕跡を発見し、被害に気が付いた。データベースサーバの脆弱性が狙われ、外部のサーバ経由で直接データベースサーバに不正アクセスを受けたという。

同社は、マーケティング情報サイトである「マーケメディア」のほか、マーケティング会社比較サイトなどを提供。またダイヤモンド社と「ダイヤモンドオンライン+MARKETING」、日経BP社と「売れる仕組みに役立つ資料まとめ」といったサイトを共同で運営している。

今回の不正アクセスにより、登録会員の「会社名」「部署名」「役職名」「氏名」「メールアドレス」「電話番号」「住所」「会員専用パスワード」などが外部へ流出したおそれがあり、同社は情報漏洩の範囲など詳細について調査を進めている。今後、あらたな事実が判明次第、公表していく方針。

(Security NEXT - 2014/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒
四国電力の会員サービスに不正ログイン - 149人でポイント交換被害
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
教職員アカウントに不正アクセス、メールが外部へ転送 - 沖縄県立看護大
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
リスト用いたなりすましの会員登録申請が発生 - フフルル
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店