Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

製品利用者向けダウンロードソフトでマルウェア感染のおそれ - バッファロー

バッファローが、同社製品利用者向けにソフトやドライバなどを配布しているダウンロードサーバにおいて、マルウェア汚染が発生していたことがわかった。

同社によると、外部へ委託していたダウンロードサーバの一部ファイルが、マルウェアに改ざんされていたもので、5月27日6時から13時にかけて同サーバより対象となるファイルをダウンロードし、実行すると感染するおそれがあった。

対象となるのは、いずれも実行ファイルとして提供されていたファイル。「エアナビゲータ Ver.12.72」「同Ver.10.40」「同Ver.10.30」「エアナビゲータライト Ver.13.30」「エアナビゲータ2ライト Ver.1.60」など含まれる。

さらに「子機インストールCD Ver.1.50」「DriveNavigator for HD-CBU2 Ver.1.00」「LinkStationシリーズ ファームウェア アップデーター Ver.1.68」「HP6キャッシュ コントロール ユーティリティ Ver.1.31」「BSBT4D09BK・BSBT4PT02SBK・BSMBB09DSシリーズ(マウス付属USBアダプター)ドライバー Ver.2.1.63.0」なども影響を受ける。

同社では、ファイルの提供を中止し、問題が発生したダウンロードサイトの緊急メンテナンスを実施している。また心当たりがある利用者に対して、最新の状態へアップデートしたセキュリティ対策ソフトを用いて、ウイルスに感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
医療機関のインシデント対応強化を自治体に要請 - 厚労省
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス